E.サポートシステムでは、ソーラーパネルの施工も承っております。
ソーラーパネルについて何かご質問がある場合は、気軽にE.サポートシステム
にお問合わせ下さい。

0120-640-471 (フリーダイヤル)

059-394-2211

ソーラーパネル



塗装による緻密な補修・パーツの加工(加工出来ない物もあります。)・水回りの補修・お部屋のトラブルの調査等です。
入手困難なパーツの加工が出来ると云う事は、本来なら全部交換(費用高価)の物がパーツ代と工賃で済む為、割安で済むと云う事です。
お部屋の補修でお困りの方は、是非、E.サポートシステムにご連絡下さい。管理会社、個人を問いません。


部分塗装・部分補修の利点と難しさの解説

■ 部分塗装の難しさ

1.同じ色でも年月の経過により若干の色が変わります。
2.同色を色調合により作成したとしても塗布した場合、元の色との境目が目立ってしまいます。

■ 部分塗装・部分補修の利点

1.全面塗装しなくてよいので、塗料も養生テープ、養生シートが少量で済む為、コストを安く抑える事が出来る。
2.破損したパーツを交換せずに、部分補修する為、コストを安く抑える事が出来る。

自動車に例えた場合

ドアに傷が付いたり、凹んだ場合の補修。
ドアを交換したら、高額ですよね。でも少々の傷なら個人でホームセンターへ行き、その車種と同色のタッチペンまたは、塗料を購入して塗布される方も多いはず。
しかし、傷が目立たなくなったけれど今度は、色の境目が目立ってしまったという経験はあると思います。
なので、あまり気になる様な場合は、板金に出していると思います。
凹んだ場合もホームセンターでパテを購入して施工する方も居ると思いますが、パテ乾燥時の肉痩せ、気泡に悩まされ、また塗装で悩んでと大変だと思います。

今回、分かりやすい様に自動車に例えさせてもらいましたが、建物の壁、ドア、床、その他設備にも同じ事が言えると考えています。

施工事例
補修前
計器点検扉の塗装・補修前

補修後
計器点検扉の塗装・補修後


お問合せはこちら   TEL 0120-640-471



施行工程
1:苔が生えた屋根を洗浄
2:瓦の割れ箇所を補修
3:下塗りシーラー塗装
4:中塗主剤=淵塗り
5:仕上げの上塗り

施行前
苔が生えてます

施工後
仕上げはこの通り
防水に関して10年間保証いたします。


D様 この度のご依頼、誠にありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。



ホームページに、「お申込みからの流れ」を追加しました。

 →お申込みからの流れ


(H23.4.26)




ホームページに、「施工事例」および「安心のポイント」を追加しました。

 →施工事例
 →安心のポイント

(H23.4.26)




 

| トップページ | 新着トピックス | 施工事例 | 安心のポイント | 工事の流れ | 会社概要 | ご挨拶 | お問合せ |